入会のご案内検定試験情報松山観光情報
松山商工会議所トップ > セミナー・講習会情報 > 消費と流通の2014年の展望と課題(卸売・小売業部会)

セミナー・講習会情報

消費と流通の2014年の展望と課題(卸売・小売業部会)


流通業の経営環境は、「人口減少による市場の縮小」、「情報化の進展」、「価格競争の激化」に加え、4月から予定されている「消費税増税」の影響などで激変しており、変化にいち早く対応するため、今後予想される動向や課題を認識し、準備をすることが必要となってきます。そこで今回は、流通研究の第一人者を講師にお招きし、2014年における流通業の動向や対応すべき課題等についてお話いただきます。
尚、当日は各部会平成26年度運営計画(案)についてお諮りします。


概要

日時 平成26年3月7日(金) 13:30〜15:45
会場 東京第一ホテル松山 2階 コスモシルバー (松山市南堀端町6―16)
(卸売業部会の方は3階若草にお集まり下さい。)
※各部会平成26年度運営計画(案)の審議後、13:45頃より、2階コスモシルバーにて合同で講演会を実施致します。
定員 80名(定員を超えた場合のみご連絡致します)
受講料 無料
主催 松山商工会議所・松山市卸商協会・松山地域小売商協会
申込・問合せ 下記申込書に記載の上、FAXまたはホームページにてお申込みください。
FAX用紙はこちらからダウンロード可能です。(PDF形式/248KB)
※ご記入頂いた情報は、当会議所からの各種連絡・情報提供のために利用する他、セミナー参加者の実態調査・分析のために利用することがあります。

講師

拓殖大学商学部 教授
公益財団法人流通経済研究所 理事
根本(ねもと) 重之(しげゆき) 氏

1954年生まれ。横浜市出身。一橋大学社会学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。
社団法人日本能率協会、財団法人流通経済研究所を経て現職。大学で流通産業に関する講義を担当するとともに、過去20年以上に渡り、上記研究所で消費財メーカー数十社の本社の営業および営業企画部門スタッフを対象とする月例研究会を開催し、消費、大手小売業の動向、流通関係の法規制、ITの変化、メーカーの営業・マーケティング政策などに関するホットなテーマについて報告、提言を行ってきた。近年はスーパーマーケット協会の長期シナリオの作成などにも参画している。
消費財メーカー、卸売業、小売業などの要請を受けて行う講演も好評であり、毎年行う新年度を展望する講演は、ここ数年『消費と流通の先を読む』(ケイプラス)というシリーズ名のDVDにもなっている。
また、主な著書として『新取引制度の構築』(白桃書房)、『プライベート・ブランド』(中央経済社)、編著書に『グローバル・リテイラー』(東洋経済新報社)ほか多数。


<お問い合わせ・申込先> 松山商工会議所 地域振興部
〒790-0067 松山市大手町2丁目5番地7 TEL:089-941-4111 FAX:089-947-3126

ページの先頭へ戻る